10/1~ 永住申請の際に了解書の提出が必要に

2021年10月1日以降の永住申請で変わる点

入管の永住許可申請のウェブサイトによると。10月1日以降に永住許可申請をする際、新たに「了解書」の提出も必要となります。

入管 永住許可申請 → https://www.moj.go.jp/isa/applications/procedures/16-4.html

了解書のフォーマット

入管の永住許可申請のページから、了解書のフォーマットへのリンクが張られているので、これを印刷して、申請者が記入することになります。

https://www.moj.go.jp/isa/content/001355579.pdf

001355579

この了解書のフォーマットの多言語版については、今後、掲載予定がありそうです。

注意点

このフォーマットにある通り、永住許可申請をした後に、転職をしたり、離婚したり、また、生活保護を受給するようになった場合など、事情が変更した場合は、入管に届出を行うことを約束するものです。

もしも、こうした事情の変更があったにもかかわらず、永住許可を得た後に届け出をしていなかったことをが判明したら、永住許可が取り消されることがあります。

もともとの在留資格が、日本人の配偶者などの身分によるものなのか、就労によるものかは関係なく、永住許可申請の際は、了解書の提出が必要になります。

10月1日以降の申請分からとなりますので、9月30日の申請は多くなりますかね!?