<11> たまに迷う、何語を使うか問題

外国人相談センターには、様々な出身国の方が相談されますが、以前、勤めていた外国人相談センターであった出来事です。

最初に聞けばよかった、何語を希望されますか?

日本に観光に訪れた3人組の外国人が来所されました。まだ、コロナの影響が出るずいぶん前のことです。

「相談したいんだけど」と、英語で話しかけられました。

私は、英語が得意ではなかったものの、どうやら相手の方も英語はネイティブではない様子。

ゆっくり話されていたので、大丈夫かな?と思って相談対応を始めました。

相談内容は、短期滞在で入国しているところ、いったん韓国に出国して、また日本に入国したい、とのことでした。

3人中2人はヨーロッパの国籍を持っていて、その国は、当時、短期滞在ならビザの申請が免除され、入国することができました。

なので、「できますよ」と案内した後、

「問題はこの人なのよ~」と言われて、見た残り一人のパスポートが、ブラジルでした。

「あ!ブラジル人だったんですか!」 私は、ポルトガル語なら私は話せます。

だいぶ相談が進んだその時になって、ようやく、お互いが楽な言葉に気付きました。

最初のお2人も実は、ブラジル出身だけど、ヨーロッパの国籍も持っていたので、そちらのパスポートで入国していた、とのことでした。

その一人は、ブラジルの国籍しか持っていないため、短期滞在で入国する時は、必ずビザを海外の日本領事館で取得しなければなりません。

ブラジルまで、飛行機に乗っているだけでも片道24時間以上…. あまりに遠いのです。

相談結果としたら、良い展開ではなかったけれど、たまたま入った外国人向けの相談センターで、ポルトガル語で相談ができて(最後の最後に)、テンションが上がってましたね。私も、ポルトガル語が話せてうれしかったです。

そうですよね、海外に行って、期待せずに入った外国人相談センターに日本語が話せるスタッフがいたら、テンション上がりますね。

対応言語がないときは…

対応言語があるときは、スムーズに相談が進みますが、ない場合、これが問題です。

やさしい日本語が通じる場合は、ゆっくりと、繰り返し伝えます。

「〇曜日に、〇語のスタッフがいます」とか。

その他、英語を使ってみて、それでも通じないときがたまにありました。

来訪しているときであれば、伝えたいことをGoogle 翻訳にかけて、読み上げると何とか通じたりします。

電話での対応のときは、難題ですね。

限られたスタッフで現場を回していますから、全部の言語に対応するのは難しいんですよね。

どうしても通じない場合でも、こちらからは電話は切らず、あきらめずにゆっくりとした日本語で伝えるようにしています。

日本語ができるお友達を通して電話してくれることを期待して。。。