社協職員・対人援助職員向け 在留資格について講義しました

昨日、NPO CINGA主催の「社協職員・対人援助職員向けの外国人対応に関わる 基礎知識」 全10回の講座の第2回目にあたる、在留資格についての回を担当しました。

約50分のオンラインでの講座は、あっという間ですね!

外国人対応になじみがない人を中心にお話をするのですが、広すぎる在留資格の知識について、どう伝えるかとても悩みました。

結局、広く浅くお話をしつつも、レジメに、入管HPへの手続きのページやガイドラインへのリンクを貼って、ある程度、外国人相談に慣れている人にも、役に立ててもらえるよう、工夫してみました。

さて、どうだったでしょうか。。。

講義の最後に、おさらいクイズを3問出しました。オンラインでの講義なので、少しでも参加している感じを出したいなと思い、手を挙げてもらったり、画面上のスタンプを押して、クイズに答えてもらいました。

例えば、

成田空港に到着した外国人が、入国審査官から受けるのは?
A. 上陸審査   B. 入国審査

この問題は、少し難しかったようですですが、みなさん、最後まで視聴しただき、感謝です。

全10回の講座は、ライブのほか、過去の分も録画で視聴できます。今年の12月20日まで繰り返し見ることができます。

これから参加してみたい、という方がいましたら、ぜひお申し込みください!

詳細とお申込み → https://www.cinga.or.jp/1377/