ブラジル(サンパウロ州)が検疫強化の対象国に追加

外務省HP 新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C003.html

によると、2021年1月6日付で、検疫の強化の対象国・地域にアメリカ合衆国(ジョージア州)、ジョージア、ナイジェリア、ブラジル(サンパウロ州)、ルクセンブルクが追加指定されました。

●検疫の強化

国内で変異ウイルスの感染者が確認された国・地域からのすべての入国者は、出国前72時間以内の検査証明が必要とされます。また、検査証明を提出できない帰国者は、検疫所が確保する宿泊施設での14日間の待機が必要とされます

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C003.html

すべての入国者なので、日本人が帰国する場合も入ります。

https://www.mhlw.go.jp/content/000714644.pdf

000714644

ご注意

このサイトに掲載している情報は、記事をアップした時点で確認が取れている内容です。
変更されている可能性がありますので、都度、最新情報を確認することをお勧めします。