日本に住む外国人の出入国が、条件付きで可能に 2020.8.28付 【前編】

外務省から、2020年8月28日付で新たな発表

外務省HP 在留資格を有する外国人の再入国について https://www.mofa.go.jp/mofaj/page1_000864.html

令和2年8月28日、日本国政府は、8月31日までに再入国許可(みなし再入国許可を含む)をもって出国した在留資格保持者で所定の手続を経た者に対し、出国日に拘わらず、9月1日(本邦到着分)以降の再入国を認めることを決定しました。現在、日本に在留し、9月1日以降に出国予定の在留資格保持者の再入国については、入管庁のホームページをご参照ください。
 また、「永住者」「定住者」「日本人の配偶者等」及び「永住者の配偶者等」の在留資格保持者及び「特段の事情」による入国・再入国者等についても、9月1日から、感染拡大防止等の観点から、入国・再入国に際し新たな手続が必要となりますのでご注意願います。
(注)「外交」・「公用」の在留資格を有する又は取得する者は除く。

8月31日までに日本を出た人は再入国できる

今まで政府は、7月22日の決定で、入国拒否対象地域指定日の前日までに日本を再入国許可(みなし再入国許可を含む)を得て出国した人は、8月5日から、日本への再入国が認められていましたが、8月28日の発表で、入国拒否の日に関わらず、8月31日までに再入国許可を得て出国した日本に住む在留資格を持つ人は、9月1日以降の再入国を認める、とのことです。ただし、所定の手続きを経ていることが条件です。

9月1日以降に入国する人向け 上陸拒否について

8月28日の入管の発表が下記の文書です。「2 特段の事情について」 の(1)に、8月31日までに日本を出て、再入国する人について、「特段の事情がある」として上陸を許可する、と書かれています。つまり、本来は、上陸を拒否の対象となるところ、日本に在留する人が再入国許可やみなし再入国許可を持って8月31日までに出国した場合は、9月1日以降、再入国が可能となっています。ただし、条件付きです。

http://www.moj.go.jp/content/001327502.pdf

001327502

8月末までに出国して、9月1日以降に再入国する人の条件とは?

在留資格や特段の事情に関わらず、原則は、防疫措置の対象になります。詳細は、以下の文書です。

滞在国の日本国大使館・総領事館で、再入国関連書類提出確認書の交付を受け、さらに、出国する前72時間以内に新型コロナウイルス)に関する検査を受けて、「陰性」であることを証明する検査証明を取得する必要があります。

http://www.moj.go.jp/content/001327504.pdf

001327504

次回の投稿では、9月1日以降に日本を出国した人の再入国について書きます。

ご注意

このサイトに掲載している情報は、記事をアップした時点で確認が取れている内容です。
変更されている可能性がありますので、都度、最新情報を確認することをお勧めします。