日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国後の行動制限 2020.8.21付【外務省】

日本人や日本の滞在している人が海外に行く場合

外務省によると、現在、日本からの渡航者や日本人に対して入国制限措置をとっている国・地域は、118か国/地域、入国後に行動制限措置をとっている国・地域は94か国/地域 とのことです。

外務省HP 日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国後の行動制限

この外務省のHPに書かれていますが、各国がどのような入国制限をするのか、流動的です。

確実な情報を得るには、現地の日本国大使館・領事館に確認することかと思います。

国によっては、PCR検査の陰性証明書を持っていかなければならないところがあります。

どこでPCR検査を受けることができるか?

現時点で、コロナの症状がなかったり、濃厚接触者でもない場合は、保健所を通して無料でPCR検査を受けることができません。

むしろ、現在、健康であることを証明する「陰性証明書」を出来る病院について、経産省では、PCR検査を受けることができ、証明書を発行している医療機関のリストをアップしています。

日本渡航医学会HP ビジネス渡航者へのPCR検査の検体採取および検査証明の発行が可能な医療機関

経産省HP PCR検査が受診可能なトラベルクリニック等のリストを紹介します

こうした医療機関での検査は、自由診療となり、実費となります。

そのため、各医療機関で料金を自由に設定することが出来るため、料金が異なります。

ご注意

このサイトに掲載している情報は、記事をアップした時点で確認が取れている内容です。
変更されている可能性がありますので、都度、最新情報を確認することをお勧めします。