コロナの影響により再入国許可の有効期間内に日本への再入国が困難な永住者の方へ 追加情報

6月27日に書いたこちらの記事「海外にいる永住者の再入国許可が切れた場合の救済措置が発表されました!」 について、追加情報です。

元々のアナウンスは、6月26日に入管から発表されていて、コロナの影響で再入国許可の期限内に日本に再入国できない永住者が、入国制限解除後6か月以内に、在外公館で「定住者」の査証手続きをして日本に入国した場合、日本の空港で「永住者」の在留資格で入国ができる、というものです。

この発表時には、2ページ目の ※4と※5がありませんでしたが、追加されていました。

※5では、元永住者が、「永住者」以外の在留資格、つまり「日本人の配偶者」や就労の資格で入国した後、入国後6か月以内に申立書等を添付して永住申請を行ったら、永住申請ができる、という内容です。「永住者」以外の在留資格なので、「短期滞在」で入国後、6か月以内の永住申請も可能なように読めます。

http://www.moj.go.jp/content/001326046.pdf

001326046

ご注意

このサイトに掲載している情報は、記事をアップした時点で確認が取れている内容です。
変更されている可能性がありますので、都度、最新情報を確認することをお勧めします。