短期在留外国人の脱退一時金に関する手続き 多言語情報

日本に住んでいた外国人が6か月以上年金を納めた後、本国に帰るなどして日本の年金を脱退した場合、掛け捨てとなりますが、一時金が受け取ることができます。請求期間は、日本に住所がなくなってから2年以内です。

日本年金機構 HP https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/todoke/kyotsu/20150406.html

注意しなければならないのは、この脱退一時金制度を利用したら、再度、日本に住むことになって年金に加入しても、加入期間がリセットされることです。

将来的に日本に住む可能性があるのであれば、脱退一時金を受け取るか、検討した方が良いと思われます。

非常に細かい規定のある制度ですので、利用の際は、よく理解してから利用した方がよいですね。

請求書兼制度の説明書が、多言語で掲載されています。

[英語/中国語/韓国語/ポルトガル語/スペイン語/インドネシア語/フィリピノ(タガログ)語/タイ語/ベトナム語/ミャンマー語/カンボジア語/ロシア語/ネパール語/モンゴル語]

ご注意

このサイトに掲載している情報は、記事をアップした時点で確認が取れている内容です。
変更されている可能性がありますので、都度、最新情報を確認することをお勧めします。