ブラジル人の相続人が含まれる遺産分割協議書による手続き方法

被相続人が日本人で、日本で亡くなった場合の相続手続きは原則、日本法によります。

不動産や預金などの相続財産を相続人らで分割するために、争いがない場合は通常の相続手続きと同様に法務局に遺産分割協議書を提出して行います。相続人の中にブラジルに住む人やブラジル人が含まれる場合について手順を説明します。

注)全てのケースでこの方法で上手くいくとは限らず、他の方法もあり得ます。都度、提出先の法務局に確認を取って手続きを進める必要があります。また、遺産分割協議書以外に宣誓書等が必要となるケースがあります。

遺産分割協議書の作成

最終的に日本の法務局に提出する書類のため、通常の遺産分割協議書と同様に作成します。

ただし、一部の遺産分割協議書に相続人全員から印鑑やサイン認証(サイン証明)を取り付けることは非常に時間のかかる作業となるため、遺産分割協議「書」ではなく、遺産分割協議「証明書」を作成し、一人一部の遺産分割協議証明書を用意します。

遺産分割協議証明書のポルトガル語への翻訳

ブラジルに住む相続人がブラジルの日本領事館でサイン証明を受ける場合は日本語の遺産分割協議証明書のままで良いでしょう。ですが、大抵の場合は、近くにある現地の公証役場でサイン認証を受けることになります。 現地の公証人は文書の中身までは認証しませんが、何が書かれているか分からない日本語の文書へのサインを認証してくれないことが一般的です。

そこで、日本語で作成された遺産分割協議証明書をポルトガル語に訳す必要があります。

サイン認証(サイン証明)

ブラジルの相続人に現地の公証役場でポルトガル語版の遺産分割協議証明書にサイン認証を受けてもらいます。

サイン認証付きの遺産分割協議証明書の日本語への翻訳

ブラジルから送ってもらったサイン認証付きの文書を日本の法務局に提出するために日本語に訳し、法務局に提出します。

以上の相続手続きの方法は一例です。ブラジルが絡む相続の場合の一番のポイントがブラジルの相続人がサイン認証に協力をしてくれるかどうかになります。人数が多い場合はその分、まとめるのが大変になりますが、丁寧な説明を行って理解を求めることが相続手続きを上手く運ぶ近道となるでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。