ブラジルの裁判所に提出する相続の放棄宣誓書はどうやって?

少し前になりますが、日本国籍のご夫婦の一方が海外で亡くなり、法定相続人らがブラジルの財産を放棄するための書類作成のサポートを行いました。

亡くなられた方はブラジルに相続財産があり、法定相続人は、亡くなられた方の配偶者とお子さんらでした。

これらの法定相続人は全員日本に住んでいます。

ブラジルには内縁の配偶者がおり、ブラジルの裁判所を通して日本の法定相続人にらに対して、ブラジルにある財産を放棄をしてほしいという要求が出されていました。

日本の法定相続人ら全員は、それに同意をしている状況で、後はどのような形式の書類をそろえればよいのか?という問題となりました。

ブラジル側の弁護士からは遺産放棄宣誓書の原案が送られ、日本で正式な手続きを経た書類として作成することを求められました。

当事務所では、ブラジルで相続手続きを行うケースは直接はほとんど扱ったことがありません。

色々悩んだのですが、現時点で考えられる形式での書類を用意することとしました。

弁護士から送られた放棄宣誓書の原案はポルトガル語です。そのままでは日本側の法定相続人らが理解しないため、まずは当事務所で日本語に訳しそれに公証役場で私文書のサイン証明を連名で受ける方針で進めました。

法定相続人らは公証役場に集まり、私も同行して、1枚の相続放棄宣誓書に連名でサインをおこない無事にサイン証明を受けました。

都内の公証役場だったため、公証役場で外務省のアポスティーユも付けてもらいました。(ワンストップサービス、便利!)

その後、この遺産放棄宣誓書をブラジル側に送り、ブラジル側ではおそらくブラジルの公証翻訳人にポルトガル語に翻訳を依頼し裁判所に提出することになったと思われます。

最終的に、ブラジルの内縁の配偶者が裁判所で正式な手続きを経ることができたようです。

海外の官公署が相手となる手続きは日本側はやってみないと分からない場合が多いです。
なぜなら、ほとんどのブラジルの弁護士が日本の法律や手続きを把握していないため、あちらも的確な手続き方法が分からないことがあるのです。

が、ブラジル側が要求してくる目的さえ的確に理解すれば、日本側での方針はおのずと決まってくると思います。

ブラジルの相続についてもお困りの際はアオヤギ事務所にご相談ください!
https://officeaoyagi.com

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。