ドラマ 「サイレント・プア」 観てます

毎週火曜 午後10時からNHKで放送されている「サイレント・プア」

社会福祉協議会で働くフカキョンがコミュニティー・ソーシャルワーカーとして、社会の中で孤立して問題を抱える人に手を差し伸べる姿を描いた物語です。

全9回で来週で終わりなんですが、第6回目は外国人母子のケースが取り上げられていました。

あらすじは、こちら ↓
http://www.nhk.or.jp/drama10/silentpoor/html_silentpoor_story06.html

日本国籍を持たない母子がオーバーステイ状態です。不安を抱えながら母親は働いていますが、ある日、摘発を恐れて夜逃げ状態に・・・

外国人の在留資格の問題は、入国管理局の裁量で審査される部分があり、普段、携わっていない人にはわかりにくいものとなっています。

オーバーステイ状態だと、子供の将来が不安定になるのは目に見えています。

社会福祉の現場で、在留資格を持たないかも・・・という外国籍の方に会ったら、何はともあれ、入管業務に詳しい行政書士などに相談されることをお勧めします!

もし、知り合いに行政書士がいなければ、近くの行政書士の支部 (地域の行政書士が所属する団体)を探して問い合わせて紹介してもらってください。

例えば、東京都行政書士会や練馬行政書士会といった名前がついています。

入管も直接相談には応じていますが、入管は外国人側の支援には立つ立場ではないので・・・。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

今日のタピオカ♪