在留カードの事前交付申請が開始

2012年7月9日から外国人登録制度がなくなり、新しい在留管理制度が始まります。
入管HP http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/index.html
新しい制度では、外国人登録証の代わりに在留カードが発行されることになります。

日本で中期、長期に滞在している外国人は、2012年7月9日以降のビザ更新や変更の時に在留カードが発行されますので、急いで在留カードを申請する必要はありません。

1年以内なら再入国許可が不要に・・・
7月9日以降の新しい在留制度では、出国して1年以内に同じ活動目的で戻ってくる場合の再入国許可が不要になります。外国人登録証から在留カードへの切り替えをしていない場合でも、7月9日以降はそのときに有効な外国人登録証は在留カードとみなされますので、1年以内の帰国予定なら、再入国許可は不要ということになります。
持っているビザの期限までに戻ってこなければならないのは今までと変わりません。
1年以上、海外で過ごして戻ってくる場合には、海外で在留期間の延長野菜入国許可の取得ができませんので、注意が必要です。1年以上、海外に滞在して戻ってくる場合には、今までと同じように再入国許可を取得する必要があります。
もし、再入国許可を取得せずに1年を超えた場合は、原則、初めて来日する手続きを一から行うことになります。特に注意をしていただきたいのは、万が一、海外で病気になったりして滞在が一年以上に及ぶ場合、再入国許可を使って出国していないと、海外の日本領事館で再入国許可の延長申請ができないことです。永住者の場合も同様ですので、特に永住者の方には、保険のつもりで再入国許可を使って出国されることをオススメします。

2012年1月13日から、この在留カードの事前交付申請が始まりました。
ただ、今申請しても、在留カードを入手できるのは、7月末以降になります。7月9日以降に申請をすると、書類の不備がなければ、その日の内に在留カードを受け取ることができますので、急いで申請するメリットはあまりありません。
★永住者の人へ
永住を持っている人も、この在留カードを申請して取得することになります。
2015年7月8日までに申請をすればよいことになっていますので、急ぐ必要はありません。
が、いずれにしても在留カードの申請をしなければなりませんので、お忘れなく。
アオヤギ事務所では、永住者や就労ビザ、結婚ビザ、日系ビザを持っている方々の在留カードの申請を代行しています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

新年のご挨拶

次の記事

ブラジルの労働ビザ