アポスティーユの取得

アポスティーユの取得

アポスティーユ Apostille

「日本で発行した書類」を「海外の機関」に提出するときに相手から求められるのがこの手続きです。

日本の役所から発行された戸籍謄本は日本全国で通用しますが、海外ではこの書類が本物なのか!?という状況になります。

そこで、日本の外務省でアポスティーユを受けてお墨付きを得ることで、本物です!ということが証明できます。

さらに、例えば、ブラジルで行う相続手続きのために、日本にいる相続人の署名を公証役場で認証してアポスティーユを受けることで、本人が正式な手続きを踏んで作成された書類であることがブラジルの機関に証明することができます。

また、日本語の公的な文書をブラジルに提出する場合、翻訳を求められることもあります。
当事務所では、ブラジルの公証翻訳人(Tradutor Juramentado)と提携がありますので、ブラジル向けの正式な書類の手続きをまとめてご依頼いただけます。

必要となる場面の例

  1. 海外で相続手続きが発生し、宣誓書や戸籍にアポスティーユを求められたとき
  2. 外国人と結婚や離婚をして、相手の国で婚姻手続きをするとき
  3. 留学の手続きをするとき
  4. 海外に赴任するとき
  5. 海外に会社を設立するとき
  6. 海外で不動産を購入するとき
  7. 海外で銀行口座を開設するとき

お気軽にご相談ください お問合せ | 事務所概要

ポルトガル語の公証翻訳

日本作成された戸籍謄本や宣誓書、委任状などをブラジルの国内の官公署(登記所、裁判所等)に提出する際、求められるのが「公証翻訳」です。
外国語の文書がポルトガル語翻訳に正しく訳され、更に公証することで、翻訳の信ぴょう性を担保するブラジル独自の制度です。
公証翻訳は、ブラジル国内で免許を与えられた公証翻訳人による翻訳でなければ国内で法的な存在価値を持たない、とされています。
アオヤギ事務所では、ブラジルの公証翻訳人と提携し、公証翻訳のコーディネートを行っています。
日本国内だけのやり取りで、アポスティーユから公証翻訳をご依頼いただけます。

お気軽にご相談ください お問合せ | 事務所概要

料金の目安

下記の金額は目安です。正確な料金についてはまずはお問い合わせください。

お気軽にご相談ください お問合せ | 事務所概要

アポスティーユの取得代行 9,000円 / 件 
アポスティーユの取得代行
同時申請2件目以降
2,000円 / 件
公証翻訳コーディネート
(公証翻訳料、各種手数料含む)
20,000円~

ご依頼の流れ

① お見積もりを致します。まずは お問合せ ください

② アポスティーユや公証翻訳を行う書類を下記に郵送してください。

  1. 住所 : 〒177-0033 東京都練馬区高野台 3-33-21-102
  2. アオヤギ行政書士事務所 青柳りつ子 宛て

③ 料金を銀行振込にてお支払いください。(原則、全額前払い)

  1. 三菱UFJ銀行
  2. ゆうちょ銀行

④ 進捗状況を随時、ご報告します。

⑤ 完成した書類を指定のご住所に郵送します。

Design by http://f-tpl.com